自分で浮気調査をする場合

パートナーの様子が最近どうもおかしい、浮気をしているのでは、、、。そう感じたならば、自分で調べようとする人がいます。探偵事務所に頼めればいいんでしょうが、その費用が高くてとても依頼できない。そういう方もいるのでしょう。そこで自分で調べようとするのですね。しかし、注意が必要です。まずは、相手に気づかれてしまったら、もう二人の関係はこじれてしまい、修復不可能なんてことになるかも知れません。また、気づいた相手は、更に隠そうとしてくるでしょう。ですから、自分で浮気をしらべるには、細心の注意が必要になります。探偵ならば、調査に慣れていますから、何を、どのように調べていけば証拠を掴めるのか、熟知しています。ですから相手に気づかれないですし、上手く、確実な証拠を集めることが出来るのです。また経験からくるカンもあることでしょう。そんなプロが行っている調査を素人がするのは、なかなか大変なことです。ですから、大きな証拠を掴もうとするのではなく、まずは簡単に出来そうな証拠を集めることを行うといいでしょう。例えば以下ののようなことを実行してみてください。
○財布の中身を見る。レシートや所持金。そしてお金の減り具合をチェックする
○カードの明細書があれば調べてみる
○携帯のメールの内容、送受信履歴をチェックする
○また電話の発信・受信履歴もチェック
○LINEの会話をチェック
○行動パターンをチェック
等をよく調べて紙に書きだしていきます。出来るだけ、我慢して長期で調査をしましょう。浮気をしているならば、エスカレートしていきます。いろんなものが出てくることでしょう。どんどん確実なものが出てくる可能性があります。そうして、相手に突き出すのもいいですし、離婚を考えているならば、その証拠を基に、探偵事務所に更に確実な調査を依頼するのも良いでしょう。

パートナーが浮気をしている場合、もしもその後に離婚を考えているならば、その後の行動は慎重に行うべきです。もしも相手が離婚を考えていたならば、、、けして浮気をしていることを隠します。もしもばれてしまっての離婚となれば、慰謝料の支払いで大変不利になるでしょう。そのために、浮気はひた隠しにして、別の理由で、例えば「性格の不一致」とか「嫌いになった」などの理由を出してくるのです。そんなことにならないように、おかしいなと思った時から、慎重に証拠集めをしていくといいでしょう。その証拠は探偵事務所に浮気調査を依頼する際にも大変有利に働きます。また、離婚の話し合いになった場合にこそ、確かな証拠が重要になります。相手はなるべく自分に有利に持ち込もうとしてきます。そんな時に、確かな証拠は相手を負かしてしまう威力を持ちます。ここにひとつの統計があります。
通常慰謝料は50~150万円位が相場だと言うものです。
これは弁護士を通じて離婚請求した場合の慰謝料です。しかし、探偵事務所で得た情報で請求した場合、それ以上の慰謝料を貰えるケースが少なくないという統計があるのです。
離婚は辛いですし、体力がいるものです。そんな離婚を少しでも有利に、また確実に解決できるようにするには、確実な証拠を持つことが大事です。そのためにも。探偵事務所へ浮気調査の依頼を考えてみましょう。

名古屋で浮気調査を主に行う探偵事務所